ナノ化ヒアルロン酸って危険?安全性はどうなの?

スキンケア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナノ化ヒアルロン酸って危険?安全性はどうなの?

先に答えを出してしまうとナノ化ヒアルロン酸は危険ではないかと思います。

仮に危険な成分を販売しているなら大問題ですし、そんな危険な成分を使用する化粧品会社は倒産するかと思います。

もし危険成分が含まれているなら厚生労働省から警告があるはずです。

とここまで私個人の見解なんで、ナノ化ヒアルロン酸は危険ではないのかについて具体的に説明していきたいと思います。

 

ナノ化ヒアルロン酸が危険ではない理由について

厚生労働省からはとくに健康被害が出るといった情報はまだない

例えばバストアップに効果が期待と言われるプエラリア・ミリフィカと成分は健康被害があるとして厚生労働省でも警告が出されています。

こういった私たちに害が及ぼすような成分が発見された場合は注意喚起の情報を提供するはずです。

ナノ化ヒアルロン酸といったナノ化に問題がある情報はまだありませんので、現状では危険というレベルではないように思えます。

ナノ化される成分が危険であれば加水分解されている成分も危険対象になってします。

おそらくこの記事を見ている方は、「ナノ化されたものは肌の奥まで浸透してしまうから危険ではないのか?」と思っているはずです。違ったらごめんなさい( ;∀;)

もしそれが危険であったら加水分解されている成分も危険となります。

加水分解は低分子レベルまで小さく(ナノ化)させたものとなります。

よく低分子コラーゲンや低分子ヒアルロン酸が該当しますね。

こうのようにして分子レベルまで小さくしないと肌の表皮に浸透せずに効果の期待が薄くなります。

そのほかにも「〇〇誘導体」と書かれたもので「角質層まで浸透」と掲載されているので肌の奥までいきわたるように開発されています。

結論としてはナノ化させる技術を用いることでバリア機能の低下した肌に対して刺激を感じにくくなったり、これまで角質層まで浸透することがなかった成分まで届けられようになります。

逆に分子構造が大きい場合はバリア機能低下している状態肌だと負担がかかりやすくなります。

ただし洗顔料はナノ化するの危険がおこる

もし洗顔料でナノ化と謳っているものがあれば避けた方がいいです。

本来洗顔料の成分は肌に浸透させてはいけない成分が含まれているため、洗顔料の多くは分子構造が大きくなっています。

そのためナノ化した成分があることで本来皮膚の角質層に入ってはいけない成分まで浸透するので洗顔料に関しては危険性があるかと思います。

ナノ化されたヒアルロン酸おすすめ商品について

ファンケル ナノ化ヒアルロン酸

有名企業ファンケルよる出されているナノ化ヒアルロン酸です。

毎日1粒飲むだけなのでスキンケアが面倒くさいって方でもおすすめの商品です。

これから初めてナノ化ヒアルロン酸の恩恵を受けたい方にもおすすめです。

ちなみに@cosmeでも高評価なので一度お試し買ってみるのもわるくないかと思います。

ファンケルのナノ化ヒアルロン酸は楽天でも売っており最安値なのでお得に買うなら楽天一択だと思います。

■楽天でナノ化ヒアルロン酸の詳細を見てみる←

コメント

タイトルとURLをコピーしました