【最新版】アノコイデオクレムの解約方法は?縛りや回数に決まりはある?

anocoi-deo-creme-cancellation-methodスキンケア
スポンサーリンク
この記事にはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

【最新版】アノコイデオクレムの解約方法は?縛りや回数に決まりはある?

まずは簡単にまとめてみました。
公式サイトだとかなり安くで購入できる上に特典もあるのでお得ですね。

販売業者株式会社ワールドビューティー
商品名アノコイデオクレム
内容量30約1ヶ月分
通常価格7,678円(税込)
※本ページの情報は2024/03/03日時点のものです。
最新の価格状況は各公式サイトにてご確認ください。
定期価格初回:2,178円(税込) 5000円OFF ※2回目以降:9,636円(税込)
※本ページの情報は2024/03/03日時点のものです。
最新の価格状況は各公式サイトにてご確認ください
定期縛り1回で解約OK 継続の約束なし
送料無料
公式サイト
特典
2回目発送時、デリケートゾーンケア商品プレゼント
解約方法【050-5443-6451】にて電話
【問い合わせフォーム】https://anocoi.com/contact/index.php
(サポート営業時間)
(受付時間 10:30~17:00 土日祝除く)
次回お届けの14日前までに連絡
初回解約は7日間使用してから連絡
支払い方法■クレジットカード支払い
■NP 後払い
■amazon pay
お届け周期1ヵ月毎にお届け(周期変更可能)
\1回で解約OK 継続の約束なし

\公式サイト特典付は上記をタップ

アノコイデオクレムの詳しい解約方法について

  1. 【050-5443-6451】にて電話
  2. 【問い合わせフォーム】https://anocoi.com/contact/index.php
    にて解約
  3. 解約するには次回お届けの14日前までに連絡すること
  4. 初回解約は7日間使用してから連絡すること

公式サイトにも書いてありますが、解約方法は電話、お問い合わせフォームより可能です。

解約したい旨を伝えることで解約ができます。

解約は2パターンあるからどれでもOKじゃの

\1回で解約OK 継続の約束なし

\公式サイト特典付は上記をタップ

アノコイデオクレムの縛りや回数制限はある?

結論としては1回で解約OKなので継続の縛りがなく安心できます。

ただし今後は変更があるかもしれませんがの詳しい情報は公式サイトを見てください

\1回で解約OK 継続の約束なし

\公式サイト特典付は上記をタップ

アノコイデオクレムを単品購入もできる

通常価格+送料650円かかってしまいますが解約が面倒くさい方やお試しでとりあえず購入したい方はおすすめです。

アノコイデオクレムの販売店は?

「PREWAN(プレワン)」の販売店は公式サイトのみとなっています。下記の店舗でも調べましたが見つかりませんでした。

ロフト×
ドンキ×
マツキヨ×
ツルハ×
東急ハンズ×
ウェルシア×

 

\1回で解約OK 継続の約束なし

\公式サイト特典付は上記をタップ
デリケートゾーンを清潔にする方法とは?おすすめの洗浄剤やシートも紹介

 デリケートゾーンを清潔にする方法とは?おすすめの洗浄剤やシートも紹介

デリケートゾーンは、女性の体の中でも特に繊細な部分です。 そのため、正しい洗い方やケア方法を知らないと、ニオイやかゆみ、黒ずみなどのトラブルに悩まされることがあります。 また、デリケートゾーンの状態は、女性ホルモンや食生活、加齢などによって変化するため、常に注意が必要です。

そこで、この記事では、デリケートゾーンを清潔に保つための方法と、おすすめの洗浄剤やシートなどのケアアイテムをご紹介します。 デリケートゾーンのニオイやトラブルが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

デリケートゾーンが臭う原因とは?
デリケートゾーンが臭う原因は、主に以下の6つに分けられます。

疲れによる膣内の環境の悪化
加齢や洗いすぎが原因なことも
生理用品などのムレ
食べ合わせによって臭いにも変化が
デリケートゾーンはわきと同じように「におい」がでやすい!
女性ホルモンが減少し雑菌が増殖
それぞれ詳しく見ていきましょう。

疲れによる膣内の環境の悪化
デリケートゾーンの主なニオイの原因は、膣内に暮らす常在菌によるものです。 健康な場合は、デーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌の一種が生息していて、膣内を酸性にして、雑菌から膣内を守っています。 デーデルライン桿菌は、セックスなどで膣内に環境雑菌が入ってしまった場合にも殺菌してくれます。 デーデルライン桿菌でしっかりと守られている場合、ちょっと酸っぱいニオイがしますが、そんなに悪臭ではありません。

ところが、疲れて免疫力が弱ってしまうと、膣内の環境が悪化して、便に含まれる大腸菌や腸球菌などの菌が膣内に入りやすくなります。 すると、おりものがお通じ臭いという危機的な事態にも1。 膣内まで洗うと、自浄作用の効果が弱まり2、逆に臭いや痒みが発生する原因となります3。

加齢や洗いすぎが原因なことも

さらに、年齢とともに膣内が乾燥する場合や、ニオイが気になるあまりにアルカリ性の石鹸やビデでしょっちゅう膣内を洗浄してしまう場合にも、デーデルライン桿菌の数が減って、膣内のpHバランスが崩れてしまいます。 すると、膣内にはアンモニアや硫化水素などの臭い成分を発生させる菌が増えて、悪臭の原因となります。

生理用品などのムレ

生理中は、おりものや血液などが膣内に溜まりやすくなります。 また、ナプキンやタンポンなどの生理用品は、デリケートゾーンを密閉してしまうため、ムレや発酵が起こりやすくなります。 これらの要因によって、膣内の常在菌のバランスが崩れて、ニオイが強くなることがあります。

食べ合わせによって臭いにも変化が

食べ物や飲み物によっても、デリケートゾーンのニオイに影響が出ることがあります。 例えば、ニンニクや玉ねぎなどの香辛料は、体内で分解された際に臭い成分を作り出します。 これらの成分は、血液や汗とともに体外に排出されるため、デリケートゾーンからもニオイが発せられることがあります。 また、コーヒーやアルコールなどは、膣内の乾燥を促進するため、ニオイの原因となる菌の増殖を招くことがあります。

デリケートゾーンはわきと同じように「におい」がでやすい!

デリケートゾーンは、わきと同じようにアポクリン汗腺という汗腺を持っています。 アポクリン汗腺から出る汗は、無臭ですが、皮膚表面の細菌によって分解されると、酸化した脂肪酸やアミノ酸などの臭い成分を発生させます。 この現象は、「わきが」と呼ばれるものと同じです。 デリケートゾーンの「わきが」は、「デリケートゾーン臭」と呼ばれることもあります。

女性ホルモンが減少し雑菌が増殖

女性ホルモンは、デリケートゾーンの健康に大きく関係しています。 女性ホルモンは、デーデルライン桿菌の活動を促進したり、膣壁を強化したりする働きがあります。 しかし、月経前後や更年期などで女性ホルモンが減少すると、デーデルライン桿菌の数も減ってしまいます。 すると、雑菌が膣内に侵入しやすくなり、ニオイや炎症の原因となります。

デリケートゾーンを清潔にする方法とは?

デリケートゾーンを清潔に保つためには、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 毎日正しい洗い方をする
  • 生理中や外出先でもこまめにケアする
  • 食生活や睡眠などの生活習慣に気をつける

それぞれ詳しく見ていきましょう。

毎日正しい洗い方をする

デリケートゾーンを洗うときは、以下のような方法をおすすめします。

  • お風呂やシャワーで洗うときは、最後にデリケートゾーンを洗うようにしましょう。 そうすることで、他の部分から流れてきた汚れや細菌を洗い流すことができます。
  • デリケートゾーンは、外陰部(えんぶ)と呼ばれる部分だけを洗いましょう。 外陰部とは、陰毛が生えている部分や陰唇(いんしん)、クリトリスなどの部分です。 膣内は自浄作用があるため、無理に洗わなくても大丈夫です。
  • 洗うときは、手やタオルで優しくふき取るようにしましょう。 強くこすったりすると、皮膚を傷つけたり乾燥させたりする可能性があります。
  • 洗剤は、デリケートゾーン専用のものか、無香料・無着色・弱酸性のものを選びましょう。 一般的な石鹸やシャンプーは、アルカリ性であったり香料や着色料が含まれていたりするため、デリケートゾーンに刺激を与える可能性があります。
  • 洗った後は、タオルでしっかりと水分を拭き取りましょう。 ムレや発酵を防ぐためにも重要です。
タイトルとURLをコピーしました